前へ
次へ

求人広告を効果的に出す方法と記載内容の注意点

欠員の補充や事業の拡大などの理由で求人広告を出す場合、確実に求職者の目の止まるように媒体の選択には細心の注意を払う必要があります。
従来の求人広告は新聞の地方ページや地域のハローワークに出すのが普通でしたが、現在は情報媒体の選択肢が増加しているので業種によって選ぶことが大切です。
特にインターネット上の求人広告は閲覧数が多いので人集めに効果的ですが、その一方で広告の数が多いことから埋没するおそれもあります。
人員を増やすために媒体選びの他に広告の記載内容にも工夫を凝らすことを心がけます。
求人広告は業務内容や賃金を記載するのが普通ですが、休日や拘束時間に関する細かい点も詳しく書くのが質の良い人員の確保に繋がります。
具体的な勤務内容を提示することによって、長く働く意思を持つ人員を得やすくなるので、出来るだけ詳細を記述することを心がけます。
求人サイトやフリーペーパーに広告を出す際は特定の業種に特化した媒体を選ぶのも効果的な工夫の一つです。

Page Top